Home>実績紹介(Works)>埼玉県富士見市水子貝塚東地区

埼玉県富士見市水子貝塚東地区

協力体制の中でスケジュールの前倒しに成功

半年間停滞していた事業のなか、地権者が1日でも早く土地利用の実現が図れるようスケジュールを提示し、速やかに地権者全員の合意形成をはかりました。また、地権者との約束を遵守できる事業協力者を選定し、行政との協力体制の中で3カ月という大幅なスケジュールの圧縮を実現しました。

当地区は、暫定逆線引き地区から市街化区域に編入した地区の一部で、単独の開発行為などにより虫食い状態で不良市街地が形成される可能性がありました。また、以前から既に土地区画整理組合設立準備会が発足していたものの、事業が半年間停滞していた時期もありました。よって当社は地権者が1日でも早く土地利用の実現を図れるよう地権者との合意形成を速やかに図り、計画の練り直しを行いました。そこで約1年で工事を終える事業計画を作成。スケジュールの遵守を条件とした事業協力者の選定を行い、当初の事業スケジュールから保留地の引き渡しまでの期間を約3カ月短縮することに成功しました。

<DATA>
事業名称 :富士見市水子貝塚東土地区画整理事業
事業期間 :平成24年12月~平成27年3月(予定)
施行面積 :約3.0ha
使用収益開始日 :平成25年8月(一部開始)
総事業費 :4.6億円
保留地処分金 :4.4億円
助成金 :0.2億円
合算減歩率 :約34%
業務代行者 :積水ハウス株式会社
保留地取得者 :積水ハウス株式会社