Home>実績紹介(Works)>埼玉県三郷市三郷インター南部地区

埼玉県三郷市三郷インター南部地区

土地利用意向をとりまとめ、共同で売却、賃貸

複数の土地所有者の意見や要望をとりまとめ、換地計画、仮換地指定、移転交渉、そして工事着手をすみやかに進行。認可後5年間で、保留地と含めた事業区域全域の使用収益を開始する予定です。

当地区は、東京外環自動車道・三郷インターチェンジに隣接するエリアです。また、区画整理に伴う市街化編入により工業系を主とした用途地域指定を受けたこともあり、大規模物流施設用地としての需要は強いものの、小規模な土地への需要は多くは見込めず、各々の地権者個別で土地を活用することは難しい状況にありました。そこで、区画整理の立ち上げ時点から、「複数の地権者が集まり土地を集約化・大規模化することで売却・賃貸する」土地活用方法を提案。事業スケジュールも厳格に管理し、使用収益開始前に売買・賃貸契約を締結するにいたりました。

<DATA>
事業名称 :草加都市計画事業 三郷インター南部土地区画整理事業
事業期間 :平成21年3月〜平成28年3月
施行面積 :約44.3ha
総事業費 :約115.9億円
保留地処分金 :約108.9億円
市助成金 :約5.0億円
合算減歩率 :約35.4%
業務代行者 :戸田建設株式会社
保留地取得者 :冨士機材株式会社、大和ハウス工業株式会社、他
進出企業 :グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社、他